企画展 第4弾
「WIT STUDIOアニメワークス展 東京アニメセンター in DNPプラザ」EXHIBITION

  • TOP
  • 企画展 第4弾「WIT STUDIOアニメワークス展 東京アニメセンター in DNPプラザ」
「WIT STUDIO ANIMEWORKSアニメワークス展 in TAC」2018.2.9-2018.2.26 会場 東京アニメセンター inDNPプラザ 開催時間 11:00-20:00※展示最終入場時間は19:30まで 休館日火曜日 入場無料

「WIT STUDIOアニメワークス展 東京アニメセンター in DNPプラザ」
2018.2/9-2018.2/26

様々な精鋭作品を生み出してきたアニメーション制作会社「WIT STUDIO」の企画展が東京アニメセンターで開催決定!
各種作品の展示やWIT STUDIO関連商品の販売を予定しています。

企画展概要

「WIT STUDIOアニメワークス展 東京アニメセンター in DNPプラザ」

会期:2018年2月9日(金)から2018年2月26日(月)まで
※毎週火曜日は休館・休業となります。
開催時間:11:00~20:00まで
展示会場入場料:無料

みどころ

茨城県で開催された『WIT STUDIOアニメワークス展』が東京アニメセンターに巡回展としてやってきます!

「甲鉄城のカバネリ」展示が充実!
WIT STUDIOアニメワークス展用に描き下ろされた「生駒・無名の大型パネル」や、「声優陣サイン入り等身大バナー」・「ツラヌキ筒&設計図 実寸大レプリカ」・ 「乃木坂46生駒里奈さん着用生駒衣装」など大型立体物の展示、「甲鉄城のカバネリ『第一話:アニメ/絵コンテを見比べて楽しむ特設コーナー』」など盛り沢山の企画展です。

WIT STUDIO作品の貴重な複製原画が多数!
WIT STUDIOが手がけた各作品の貴重な複製原画を多数展示予定!
また複製原画関連商品も販売予定です!

『WIT STUDIOアニメーションの裏側』を感じられる貴重な展示。
作品ファンの方も、アニメファンも十分に楽しめる展示となっております。
ぜひ東京アニメセンターにお越しください!

作品紹介

甲鉄城のカバネリ ©カバネリ製作委員会
『甲鉄城のカバネリ』

Story

世界中に産業革命の波が押し寄せた頃、突如として化け物が現れた。鋼鉄の皮膜で覆われた心臓を破壊されない限り滅びず、それに噛まれた者も死後蘇り、人を襲うという。化け物は「カバネ」と呼ばれ、爆発的に増殖していった。
世界中が恐怖に覆われる中、日ノ本の人々はカバネの脅威に対抗すべく各地に「駅」と呼ばれる砦を築き、その中に閉じ籠もることで生き延びていた。この駅の間を行き来できるのは装甲蒸気機関車(通称、駿城)のみだった。
製鉄と蒸気機関の生産を行う顕金駅に暮らす蒸気鍛冶の少年・生駒は、カバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒」を開発しながら、いつか自分の力を発揮できる時が来るのを待ち望んでいた。
そんなある日、駿城の一つである甲鉄城が顕金駅にやってきた。生駒は甲鉄城の整備の最中に不思議な少女、無名と出会う。
そしてその夜、顕金駅にカバネの脅威が押し寄せてきた―――!
WIT STUDIOによるオリジナルテレビアニメ作品。監督は荒木哲郎、シリーズ構成は大河内一楼、キャラクター原案は美樹本晴彦、アニメーションキャラクターデザインは江原康之が担当している。2016年4月~6月までフジテレビ『ノイタミナ』枠にて放送された。
そして、2018年 新作「甲鉄城のカバネリ」制作決定。

進撃の巨人 Season 2 ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
『進撃の巨人 Season 2』

Story

超大型巨人の出現により人類の平和と幻想が破られたあの日から、エレン・イェーガーの果てしない戦いの日々は続く……。
抵抗する術もなく巨人の餌となった母の最期を目の当たりにして、この世から巨人を一匹残らず駆逐することを誓ったエレン。
しかし、過酷な戦いの中で彼自身が巨人の姿に変貌してしまう――。
人類の自由を勝ち取るために巨人の力を振るうエレンは、ウォール・シーナのストヘス区において「女型の巨人」と激突。巨人同士の激しい戦闘は、辛くもエレンの勝利となった。
それでもエレンに、そして人類に、休息の時は訪れない。次なる戦いは既に始まりを告げている。ウォール・ローゼに迫り来る巨人の大群に、人類はどう立ち向かう!?

諫山創による漫画を原作としたテレビアニメーション作品。総監督は荒木哲郎、監督は肥塚正史、シリーズ構成は小林靖子、キャラクターデザインは浅野恭司が担当している。
2013年に放送されたアニメ『進撃の巨人』から4年、満を持して2017年4月からアニメ『進撃の巨人 Season 2』が放送された。さらに2018年1月には「劇場版『進撃の巨人』Season 2~覚醒の咆哮~」の上映が開始、2018年7月には『進撃の巨人 Season 3』のスタートも決定しており、その勢いはまだまだ止まらない。

屍者の帝国 ©Project Itoh & Toh EnJoe /
THE EMPIRE OF CORPSES
『屍者の帝国』

Story

“死者蘇生技術”が発達し、屍者を労働力として活用している19世紀末。ロンドンの医学生ジョン・H・ワトソンは、親友フライデーとの生前の約束どおり、自らの手で違法に屍者化を試みる。その行為は、諜報機関「ウォルシンガム機関」の知るところとなるが、ワトソンはその技術と魂の再生への野心を見込まれてある任務を命じられる。
それは、一世紀前にヴィクター・フランケンシュタイン博士が遺し、まるで生者のように意思を持ち言葉を話す最初の屍者ザ・ワンを生み出す究極の技術が記されているという「ヴィクターの手記」の捜索。
ワトソンはフライデーを伴いロンドンを発つ。それは、フライデーの魂を取り戻す為の壮大な旅の始まりだった。

伊藤計劃・円城塔の長編SF小説を原作とした劇場アニメ作品。監督は牧原亮太郎、キャラクター原案はredjuice、キャラクターデザインは千葉崇明が担当している。2015年10月2日に公開された。

魔法使いの嫁 ©2017 ヤマザキコレ/
マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会
『魔法使いの嫁』

Story

羽鳥チセは15歳の少女。彼女は帰る家も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。

そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、異形の魔法使い・エリアス。自然と寄り添い、悠久の時を生きる魔法使いの暮らしの中で、チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく…。

これは、世界の美しさを識る為の物語。

月刊コミックガーデンにて連載中の「魔法使いの嫁」(作者:ヤマザキコレ)を原作としたアニメ作品。2016年にアニメ化プロジェクトが始動し、完全オリジナルアニメーション「魔法使いの嫁 星待つひと」全3部作がコミックス特装版6巻・7巻・8巻に同梱される形で発売された。全国の映画館では、発売に合わせて2週間限定のイベント上映も行われた。
そして2017年10月、TVアニメ版「魔法使いの嫁」が満を持してスタートした。2017年秋・2018年冬の2クールで絶賛放送中。

水曜どうでしょう ©HTB
『水曜どうでしょう』

北海道テレビ放送(HTB)制作の深夜バラエティ番組。
出演者2人、ディレクター2人という少人数。家庭用デジカムをメインとする機動力
旅をメインとしたさまざまな企画に挑み、出演者とディレクターの絶妙なやりとりが支持され、人気も放送エリアも全国区に。
レギュラー放送は2002年に終了したが、現在でも再放送を含めて各地で放送が続けられている。
そして「一生どうでしょうします!」という言葉通り、数年に1度のペースで新作シリーズも制作・放送されている。
浅野恭司を中心としたWIT STUDIOチームは、水曜どうでしょうDVDのオープニングCIアニメを担当している。(現在は第27弾まで発売中)

グッズ紹介

展示会販売グッズ(詳細未定)

WIT STUDIO関連商品、茨城『WIT STUDIOアニメワークス展』にて販売した描き下ろしグッズも入荷予定。
東京アニメセンター公式twitter
(@anime_tokyo) で紹介予定ですのでぜひフォローしてくださいね!